情報システムを構築する「システムエンジニア」の仕事の流れ

システムエンジニアとは簡単に言うと企業の情報システム構築を担当する職種です。ただ単にプログラムを作成するだけでなく、システムの全体的な企画や設計などを中心に仕事を行います。情報システムの統括管理をするプロジェクトマネジメントなどに従事する人を呼ぶことも多いです。

<一般的な仕事の流れ>

●企画・提案

 顧客がどのようなシステムを求めているのかをヒアリングをして、要求を確認し、構築する情報システムの内容を企画、立案します。この顧客との打ち合わせ、企画はプロジェクト全体を見る視野と経営的なセンスも必要となってくるので、経験豊富な人が担当します。

●システム仕様作成

出来上がったシステムの企画に基づき、システムの概要を決定し、システム開発に向けたシステム仕様書を作成します。

●システム設計

システム仕様書に書かれている機能などの詳細を決めていきます。例えば、具体的なハードウェアの種類や台数なども決め、システム仕様書よりも詳細で具体的なシステム設計を決めていきます。その後、システム設計書に沿ったプログラムを開発します。ただ、開発はプログラマの仕事となるので、システムエンジニアはプログラマへ指示を出したり、顧客との調整、開発段階でのチェックなどを行います。

テスト・運用管理

構築したシステムのテストを実施し、テストにより発見されたバグの修正を行います。その後、テストに合格したシステムを構成管理して稼動させ、運用管理を行います。
管理人:chebkawaii

青森県出身。大手企業にて中小企業向けWebプロモーション戦略や企画営業を担当しました。現在はWEB関連のベンチャー企業へ転職しました。

Copyright (C)2017IT業界に求められる人材になろう SE・ネットワークエンジニア・プログラマ・webデザイナーなど、ITエンジニアとして生きていく人へ.All rights reserved.