システムエンジニアに求められる専門知識と能力とは

システムエンジニアの仕事内容は企業によって多少の違いはありますが、初めのうちは顧客の要求分析をし、企画を提案するところから始まり、次には要員の手配や進捗管理、さらには部下の勤怠管理や成果物に対して責任を負うところまで職務としている場合が多いようです。このようなことから、システムエンジニアには単にコンピュータの専門知識があるだけでは務まらない職種でもあります。顧客との打ち合わせはもちろん、社内ではチームで仕事を進めていくことになりますから当然、コミュニケーション能力が必要となってきます。また、顧客の要望するシステムを企画すためには、時には顧客の業界知識、業界動向なども把握していなければならない場合もあります。以前はシステムエンジニアといえば、システム設計やプログラム開発の専門技術者というイメージが強くありましたが、最近では主に企画提案などの上流工程を担当するコンサル的な要素が求められているようです。

プログラマとシステムエンジニア

これまではシステムエンジニアがプログラム仕様を作成し、それに基づいてプログラマがプログラミングを行うという分業スタイルで仕事が行われていることが多かったのですが、今のシステム構築ではシステムエンジニアがプログラマを兼任することも多くなってきています。また逆に、プログラマがこれまでのシステムエンジニアが行う領域、顧客の要求定義やシステム設計を行うケースもあるようです。このように、システムエンジニアとプログラマの領域が曖昧になってきている職場もあるようです。
管理人:chebkawaii

青森県出身。大手企業にて中小企業向けWebプロモーション戦略や企画営業を担当しました。現在はWEB関連のベンチャー企業へ転職しました。

Copyright (C)2017IT業界に求められる人材になろう SE・ネットワークエンジニア・プログラマ・webデザイナーなど、ITエンジニアとして生きていく人へ.All rights reserved.