なれるまで入社後数年かかるシステムエンジニア

SE(システムエンジニア)になるにはコンピューター系専門学校や大学・高等専門学校を卒業後、IT関連企業・企業の情報管理部門などに就職しSE(システムエンジニア)になるコースが一般的です。残念ながら、高校新卒者に対して採用を行っている企業はあまり多くないようです。システムエンジニアは入社後に企業の研修や先輩の指導によって知識・能力を身につけ、実務経験を積んでいきます。その為、一人前のSE(システムエンジニア)になるには入社後数年の月日がかかります。中には最初はシステムエンジニアとして採用されたのではなく、プログラマーとして働いていた人がスキルを積み、ステッフアップとしてシステムエンジニアになるケースも多いようです。
就職の際に有利なのは、情報理工学部などを大学生や大学院生、コンピューター系専門学校や・高等専門学校を卒業した人に需要があるようです。

資格について

実のところ、システムエンジニアになるには特別な資格は必要ありません。システムエンジニアは資格独占業務ではないので、資格がなくても仕事に就くことはできます。しかし、仕事に就いたからと言って、システムエンジニアの業務がこなせるかどうかは別の問題となります。入社してから実務をこなしながらの勉強が一番になりますが、その基礎となる知識を身につけておくことは大切です。ITパスポート、ネットワークスペシャリスト試験、システム監査技術者試験などを受けてみるのもよいでしょう。また、IT業界のリーダーは間違いなくアメリカです。そのため、その為、プログラムなどの標準言語は英語となっていて、英語力が高ければ高いほどよいようです。その為にも英語のスキルを高めるのもシステムエンジニアにないたい人にとっては必要なことでしょう。
管理人:chebkawaii

青森県出身。大手企業にて中小企業向けWebプロモーション戦略や企画営業を担当しました。現在はWEB関連のベンチャー企業へ転職しました。

Copyright (C)2017IT業界に求められる人材になろう SE・ネットワークエンジニア・プログラマ・webデザイナーなど、ITエンジニアとして生きていく人へ.All rights reserved.