システムエンジニアの転職理由とスキルアップのためのプラン

システムエンジニアの転職の理由は主に次の内容だと言われています。
●給与や待遇への不満 ●今よりよい条件の環境で働きたい ●スキルアップ、ステッフアップをしたい ●専門性やスキルを生かせる仕事がしたい ●自分の可能を試したい
この理由からもわかるように、「将来への不安」が転職の背景にはあるようです。システムエンジニアの仕事には必ず納期というものが存在します。顧客からのリクエストを受け、期日までにシステムを構築し、稼動させなければなりません。そのため、残業なども発生しやすく、忙しい職場では毎日終電…というようなこともあるようです。毎日、会社と自宅の往復で気づけば仕事三昧な365日なんて人もいるかもしれません。そんな時は自分の環境を見つめなおす、ということが第一歩となります。

年齢制限

システムエンジニアの転職に年齢制限はあるのでしょうか?多くの場合は30代前半を年齢制限としている求人が多いようです。30代前半というのは一通りSEとしての実務経験も終え、さらなるステッフが求められる時期でもあります。昔から「プログラマ35歳定年説」というものがありますが、プログラマがSEに昇進し、さらに上級SEへ、という制度が一般的だったので、「35歳になればプログラマはいなくなる」というのが元となっているようです。IT業界に働く人に聞いた転職適齢期の上限は35歳。システムエンジニアで転職を考えている人は年齢制限の30〜35歳を一つの区切りとして、転職プランを考えるとよいかもしれません。
管理人:chebkawaii

青森県出身。大手企業にて中小企業向けWebプロモーション戦略や企画営業を担当しました。現在はWEB関連のベンチャー企業へ転職しました。

Copyright (C)2017IT業界に求められる人材になろう SE・ネットワークエンジニア・プログラマ・webデザイナーなど、ITエンジニアとして生きていく人へ.All rights reserved.